複層ガラスとは。

“基本性能は「断熱」 + 用途に合わせた付加機能”

複層ガラス2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入したもっとも基本的な複層ガラスです。

日本ではようやく複層ガラスに対する認知度が高まってきましたが、海外ではすでに広く普及しており、欧米や韓国の新築物件ではほぼ90〜100%と複層化が進んでいます。

さらに複層ガラスは、熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、それらの問題の多くを解決します。

さらに遮熱や紫外線カット、防犯、防火などの機能を備えた高性能複層ガラスを使うことで、それぞれの地域と住まいにあわせて心地よい経済的な暮らしを実現できます。

特徴1:結露抑制
  結露は室内外の温度差によって生じます。複層ガラスは普通の1枚の板ガラスに比べて2倍の断熱効果があり、その断熱性能が結露発生を軽減します。


特徴1:断熱性
  普通の1枚の板ガラスに比べて約2倍の断熱性能が、冷暖房費の軽減に役立ちます。2枚のガラスの組み合わせにより、その効果は格段に向上します。

より効果的な結露抑制・断熱性を得るために、さらに快適な暮らしを実現するために、Low-E複層ガラスを推奨しています。

取り扱い製品一覧

aaa

INFOMATION

大安ページへ


LINK